ホーム > お知らせ > 高度救助隊教育訓練消防局長査閲を実施しました。

お知らせ

高度救助隊教育訓練消防局長査閲を実施しました。

 草加八潮消防局では、平成29年度の高度救助隊発足に当たり、平成29年3月16日、八潮消防署屋外訓練場において、約半年間実施してきた教育訓練の成果として、消防局長査閲を実施しました。

開会式

理事挨拶
 
査閲訓練は、中洲救助・CSR救助・火災救助・交通救助の4想定が付与され活動を実施しました。​ 
 
中洲救助訓練

中洲救助訓練

CSR訓練

 CSR救助訓練

火災救助訓練

火災救助訓練

交通救助訓練

交通救助訓練

​ 閉会式では、消防局長より、「隊員間の連携が取れており、救助隊員の士気が伝わるすばらしい訓練だった。」「高度救助隊員として、これまでの訓練成果を糧に、より高度な知識と技術を身に付け、管内33万4千人の安心・安全が守れるよう、日々の訓練に取り組んでほしい」と講評がありました。

消防局長講評

消防局長講評

 また、教育訓練は、座学8時間、シュアリングやCSR等の実技20時間、高度救助資機材取扱い8時間のカリキュラムで実施され、28名の救助隊員に対して、消防局長より、修了書が授与されました。

修了書授与

修了書の授与