ホーム > 組合のご案内 > 監査について

組合のご案内

監査について

監査委員について

監査委員は、消防組合の仕事が各種法令等に基づき適正に、効率的に行われているかを監査するために、地方自治法第195条の規定により設置される執行機関です。監査委員は、管理者が組合議会の同意を得て、専門的知識を有する識見の監査委員を1名、組合議員の中から1名を選任します。

主な監査の種類

定例監査

組合の財務に関する事務の執行等について毎会計年度少なくとも1回以上期日を定めて監査を行ないます。(地方自治法第199条第4項)

例月現金出納検査

組合(会計管理者等現金出納機関)の現金の出納について、毎月、例日を定めて計数を確認し、その保管状況を検査するものです。(地方自治法第235条の2第1項)

決算審査

管理者から審査に付された決算書、その他関係諸表等に基づいて計数を確認し、予算の執行と会計処理が適正で効率的に行われているかを審査するものです。(地方自治法第233条第2項)

 

各種監査結果

決算審査

平成27年度決算審査意見書(平成28年度審査分)(PDF:1282KB)

定例監査の結果

平成28年度定例監査結果報告(PDF:207KB)

全国統一防火標語