ホーム > お知らせ > 草加市内企業から除菌消臭水を寄贈していただきました

お知らせ

草加市内企業から除菌消臭水を寄贈していただきました

草加市内企業から除菌消臭水を寄贈していただきました

 

写真左からライキ株式会社木村博道会長、木村博樹代表取締役、

     石川消防長、吉田茂草加中央ボランティアクラブ会長

 

 4月30日(木曜日)、青柳一丁目で工業薬品の製造販売を行っているライキ株式会社(木村博樹代表取締役)から草加市及び草加八潮消防組合へ除菌消臭水が贈られました。

 贈られた除菌消臭水は、食品添加物規格の次亜塩素酸ナトリウム及びPH調整剤を混合した商品でウイルスに高い除菌効果を示し、福祉施設、病院、飲食店で活用されているものです。今回、10㎏の箱入りで草加市に10箱、消防組合に30箱を寄贈していただきました。

 木村代表取締役は、「新型コロナウイルスへの対応で草加市も消防も大変苦労されていると伺っています。ぜひ、私ども社員が懸命に作っているこの除菌消臭水を市の施設や救急車の除菌に役立てていただきたい」と挨拶されました。

 石川消防長も「現在、救急業務では消毒液の消費量が増大し、その調達に不安を抱えていたところ、このような寄贈をしていただき、その地元愛に深く心を打たれました。この除菌消臭水を有効活用し、我々にくださった安心を、今度は市民の皆様にお返しできるよう、全力で職務に取り組んでまいります」と感謝の言葉を述べました。