ホーム > お知らせ > 古い消火器は危険です

お知らせ

古い消火器は危険です

全国で古い消火器をいたずら、廃棄しようとしているときに破裂し、負傷する事故が発生しています。 

1968年から2010年2月までの間で、161件の人身事故が発生し、15人が亡くなっています。

2011年7月22日と25日には、徳島県、鹿児島県で相次いで、腐食が進んだ消火器を操作したことにより破裂し、負傷した事故が発生しました。

 

次の点に注意してください

  1. 消火器が屋外にあり、雨や風にさらされる場所や湿潤な場所に設置してある時は、消火器の状態を目視で点検し、腐食が進んでいるものは、絶対に使用しないでください。
  2. 不用な消火器は、試し放射、解体などの廃棄処理は絶対にせず、回収を行っている業者に廃棄処理を依頼してください。特に、外観の腐食が進んでいる消火器は、容器破裂の危険性が大きいので速やかに専門業者に廃棄処理を依頼してください。

 

消火器を処分する時

不用な消火器は「廃消火器リサイクルシステム」に沿って、専用の回収窓口で相談、処分するようお願いします。

「廃消火器リサイクルシステム」の詳しい説明、リサイクル窓口の検索について、「消火器リサイクル推進センター」のホームぺージをご覧ください。

なお、現在、草加市・八潮市内ではリサイクルシステムによる特定窓口事業所が4事業所ございます。回収持ち込みについては、各事業所にお問い合わせをお願いします。

  • 古川工業合名会社(住所:草加市谷塚町825番地2 電話:048-925-2966)
  • 有限会社富士川商事(住所:草加市八幡町617番地 電話:048-931-1421)
  • 朝日エティック株式会社工務本部(住所:八潮市木曽根字上676番地1 電話:048-998-2151)
  • ケミカル防災株式会社(住所:八潮市八潮一丁目17番地13 電話:048-995-1008)

また、ゆうパック専用コールセンターに問い合わせ、代金引換で依頼することもできます。申し込みはインターネットWeb、電話のどちらでも可能です。

  1. ゆうパックコールセンターに連絡(0120-822-306)
  2. 申し込み受け付後
  3. 専用の伝票と消火器発送用の専用箱が届きます。
  4. その際に、代金引換で費用2,310円(運送費、リサイクルシール代、消費税を含む)を支払います。

自宅にいながら、廃消火器の回収ができるので便利な方法です。