ホーム > 救急・応急手当 > 救急・消防車の利用方法 > 草加メール119番

救急・応急手当

草加メール119番

新しい通報方法である、ネット119が導入されました。新規で登録する場合はこちらをお勧めいたします。

ネット119について

 

草加メール119は携帯電話から草加八潮消防局に救急車や消防車の出動を依頼する方法です。
ファクス通報と同じように、耳や言葉の不自由な人などが安心して暮らせるようにするサービスです。

メール119は、携帯電話でのメールだけしか利用できませんので注意してください。

メール119は、草加市民の方向けのサービスです。八潮市民の方は、ネット119の利用をご検討ください。ネット119は草加市、八潮市両市民の方が利用できます。

ネット119について

 

対象者

草加市に在住・在勤・在学者で耳や言葉の不自由な人。

 

草加メール119を使うには

  1. 「メール119通報(利用・内容変更・中止)届出書」(以下、届出書)に必要事項を記入し、草加市役所障がい福祉課、草加市社会福祉協議会のいずれかに持参してください。
  2. これで届出が完了です。届出書を提出後、草加メール119から届出書のメールアドレスに確認のメールを送信します。
    確認メールの送信は、事務処理の都合上数日かかります。

 

利用を中止、または内容を変更する場合

「届出書」の内容に変更がある場合(住所・アドレスなど)は「届出書」に変更内容を記入し、草加市役所障がい福祉課、草加市社会福祉協議会のいずれかに提出してください。

 

「届出書」の配布場所および提出先

「届出書」は次の場所で取得および提出できます。
また、このページ下部のリンクからも取得できます。

 

メール119の使い方

草加メール119は、電話通信やインターネットの回線(かいせん)状況等で受信・送信が遅れたり、届かないことがあります。
また、最近ではアドレスを登録しておかないと受信できない場合がありますので、草加メール119アドレスは必ず携帯電話に登録しておいてください。

  1. 耳や言葉の不自由な人から消防本部にメールが届くと、現場(依頼された所)に救急車や消防車が出動します。
    メールには絵文字や写真等の画像は添付しないでください。
  2. メールで救急車や消防車が出動したことをお知らせします。
    例「受信しました。5分くらいで着きます。」

草加メール119通報を消防本部が受けても、出動場所の確認等に時間がかかることがありますので、内容は落ち着いて具体的に入力してください。
もし、特定ができない(場所が分からない)場合は、再度確認するためにメールで問い合わせすることがあります。

例:消防本部 「もう少し詳しく教えてください」→メール依頼者

メール119の通報から出動までの流れのイラスト

 

通報文作成例

通報文は例です。ほかの文章でも問題ありません。
救急車や消防車の出動を依頼する時は、場所と内容をできるだけ詳しく入力してください。

救急の場合1

救急です。
頭が痛くてめまいがする。
場所:神明○-○-○ そうかマンション201
氏名:草加太郎
通訳者必要

救急の場合2

救急です。
男性が道に倒れている。意識がないようだ。
○○公民館の入り口側の道。
通報者氏名
通訳者不要

火事の場合

火事です。
5階建てビルの4階から煙が出ている。
場所は ○○公園の北側のあたり
通報者氏名
通訳者必要

注意点

  1. 草加メール119は、手話通訳者が同行しますので、手話通訳者が必要か不要かについては、必ず記載してください。 
  2. 救急車や消防車が出動する場所は草加市内です。市外への通報は受けられません。災害が発生した場所を管轄する消防機関へ通報してください。
  3. 草加メール119アドレスは緊急通報専用なので、他の人に教えないでください。また、緊急通報以外は対応できません。
  4. 草加メール119アドレスを記録した携帯電話の管理には、十分注意してください。

 

消防本部での「届出書」の取扱い・対応

  1. 提出していただいた「届出書」の個人情報は厳重に管理します。
  2. 救急車や消防車が出動する際に、消防局が必要と判断したら「届出書」に書かれてある緊急連絡先に連絡することがあります。

 

全国統一防火標語