ホーム > 組合のご案内 > 消防団 > 草加市消防団 > 消防団の活動内容

組合のご案内

消防団の活動内容

消防団は、消火活動のほか様々な活動を行っています。
その一部を紹介します。

災害活動

災害が発生した場合には、消防署と連携して速な防御活動を行い、地域の安全を守るのが消防団の大きな役割です。
消防団が対応する災害は、火災だけでなく、地震や風水害による被害の軽減やそれらに伴う救助活動など多岐にわたります。

消防団の消火活動の写真 

 

防火啓発活動

地域を災害から守るには住民の防災意識の向上が不可欠です。
そのために、火災予防や防火指導を積極的に行っています。

幼稚園での防火啓発活動写真

 

教育・訓練

災害活動には専門的な知識と技術が必要となります。
消防団に入団すると、まず基礎知識と技術を習得するための訓練を受けます。
消防団員としての基礎を習得した後も、消防団の災害対応力を高めるため、消火訓練や救助・救急訓練を定期的に行っています。

ポンプ操法の訓練をしている写真 

 

特別点検

毎年秋に、市内の分団全てが集まり、訓練礼式やポンプ操法など、普段の訓練の成果を点検します。

秋に行う消防団特別点検の写真 

 

始式(はじめしき)

毎年1月、1年の始まりに際し、全団員が一堂に会し士気の高揚を図ります。
市では、消防団員とともに、幼年消防クラブ、少年消防クラブも一緒に式典に参加しています。

消防団始式

 

平成23年度中の出動状況

(平成23年4月1日〜平成24年3月31日)

出動種別

出動人数

災害

477人

訓練

1707人

警戒

261人

 

 

全国統一防火標語